承継事例

経営者が事業を承継する際の選択肢は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 親族内承継
  2. 従業員等の外部への承継
  3. M&A(事業の譲渡、譲受)

それぞれのパターンにおいても、家族構成や経営状況などによって、必要な対策や承継するまでにかかる時間も異なってきますので、お近くの相談機関に早めにご相談いただくことが円滑な承継への第一歩です。

(独)中小企業基盤整備機構の「事業承継ポータルサイト」では、パターンに応じた相談事例や承継に際してのポイント、体験事例などを紹介しておりますので、自社で考えている承継方法、可能性のある承継方法の参考にしてください。